肌の手入れ法

美肌のための手入れ方法

肌の手入れ法

美しい肌のための肌のケア

美しい肌のためには毎日のケアが大切ですが、ケア方法は1年中同じではありません。季節によって、ケア方法を変えましょう。

<春と夏のケア方法>

春は、陽気な気候になり、気分が楽しくなる季節です。寒く空気が乾燥した冬から、暖かくなるにつれて、皮脂の働きが活発になり、量が増えていきます。

気温の上昇によって血液の循環も良くなり、汗の量も増えます。

肌が脂性気味に移ってくるのですが、春の花粉や突風により、乾燥気味にもなります。

敏感肌になりやすい季節なので、春は皮膚の保護に注意が必要な季節です。

皮脂分泌が活発になるので、洗顔は丁寧に行いましょう。

乾燥している場合は、化粧水を多めにし、乳液やクリームでのスキンケアも念入りに行いましょう。

また、春から夏にかけては紫外線が多くなる季節です。

UV効果のある化粧品を使用するようにしましょう。

夏になると、気になるのは紫外線と日焼けです。

湿度が高いので、肌が乾燥する心配は少ないですが、皮脂や汗の過剰な分泌により肌がべたつきやすくなります。

また、汗で細菌が繁殖しやすくなって、吹き出物や肌荒れの原因になりやすいので丁寧な洗顔が大切です。

紫外線と日焼け対策として、日焼け止めクリームだけではなく、乳液やファンデーションなども、UV効果があるものを使うようにしましょう。

夏は虫さされも気になる季節です。虫さされの跡から、シミの原因にもなる場合があります。

痒みが治まらない場合は、早めに痒み止めを使用して対策するか、皮膚科を受診しましょう。

<秋と冬のケア方法>

夏の強い日差しでダメージを受けた後の秋には、どのようなケアが必要なのでしょう。

秋は、気温が低下して気持ちが良く、過ごしやすい季節です。

肌にも優しい季節で、血液の循環が良くなり、皮脂腺や汗腺の働きが活発になります。

四季の中では比較的肌へのダメージが少ない季節ですが、過ごしやすい季節はほんの少しです。

気温が低下していくに従って、空気が乾燥してくるので、保湿効果のある化粧品に変える準備をしていきましょう。

乾燥しやすい目元や口元などに、部分的に保湿効果の高い化粧品を使うようにしても良いですね。

冬本番には、冷たい風や乾燥に注意を払いましょう。

気温が低下して血液の循環が悪くなり、基礎代謝も低下してしまいます。

皮脂腺と汗腺の働きも悪く、また、エアコンなどの暖房器具により、さらに乾燥してしまいますので、肌トラブルを引き起こしやすい季節です。

ということで冬はやはり、保湿に重点をおいたスキンケアが大切です。

ローションパックやシートパックをして、肌の乾燥を積極的に防ぎましょう。

目元や口元など、肌が弱くシワになりやすい部分は、特に注意が必要でしょう。

部屋の空気の乾燥は肌に良くないだけでなく、風邪ウィルスの増殖を促します。

加湿器を使ったり、濡れタオルを室内に干しておいたりするなどして、対策しておくことをおすすめします。