露天風呂について

<スポンサードリンク>

露天風呂について

「露天風呂」と言うのは、簡単に言うと外に有るお風呂の事を指しています。
露天風呂の始まりは、自然環境の中に元々野湯が有ったと言います。
その野湯はそのままだとお風呂として入りにくいので、入りやすい様に少し手を加えてお風呂として整えた事だったそうです。
野湯と言う事で自然の中に有るお風呂と言う意味が有るのですね。
元々温泉は大浴場などの内湯が主体となっていますが、露天風呂は近年では多くの温泉旅館に設置されています。
それも宿泊だけではなくて日帰り温泉施設にも作られていたり、最近話題のスーパー銭湯にも作られていたりしているそうです。
更に温泉宿でも大浴場に隣接して露天風呂を作っていたり、客室に部屋風呂として露天風呂を作っていたりしています。
最近ではこの部屋風呂として露天風呂を作っている温泉宿が人気を高めているそうです。
入っている側としては、山や海と言った景色を見ながらお風呂に入れると言う事で、心が現れる様な感覚が有りますよね。
しかし運営している側は露天風呂を設ける事で管理がとても大変なんだそうです。
気候による温度の管理、内風呂や露天風呂、部屋風呂に回す湯量の調節、周りに建物が有る場合、眼隠しとして壁を作ってしまっている半露天風呂の様な工夫と言う様に色んな管理がされています。
こうした露天風呂はバブル期あたりから人気を出し始めたらしいですが、今でも人気が廃れる事無く温泉の主流として人気を持っています。


<スポンサードリンク>